ボーア効果

ボーア効果とは

高濃度炭酸ミストを塗布すると、血管が酸欠状態と勘違いして、体中の酸素が集まってきます。
これにより血管が広がり、体温が上昇し温かくなります。(=血行促進の証明)
皮膚は少し赤みを帯びてきます。

集まってきた酸素は、血液のpHが低下するために、ヘモグロビンから離れ、
結果として酸素供給量が増えることになります。

これが高濃度炭酸による「ボーア効果」です。

詳しくは、「炭酸ヘッドスパ、炭酸泉、炭酸コスメ・・・なぜ続く炭酸人気?! 徹底検証、炭酸の実力」というセミナーで、
国際医療福祉大学 大学院 教授の前田眞治氏の説明が参考になります。

前田教授「炭酸水が血管を拡張する仕組み